在韓駐在員の現地リポート


by nazdravie
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

【おもしろ韓国語講座 #003】 쪼잔하네(冗談がわからないねぇ)

となりの席に座っている同僚をからかっていると、そのうち同僚の表情が不機嫌になってきた―そんな経験、一度や二度はあるんじゃないでしょうか?そんなとき、「おい、冗談だよ。わかんねーやつだなぁ」って言いたくなりますよね?韓国人はこんなとき、やっぱり「야, 너 농담인데 왜 그래? 쪼잔하네.(ヤ、ノ ノンダミンデ ウェ クレ?チョジャナネ:おい、冗談だよ。わかんねーやつだなぁ)」なんていいながら、同僚の肩をポンと叩いたりします。

쪼잔하네(原型:쪼잔하다 チョジャナダ)は、ここでは「冗談のわからない奴だなぁ」と訳しましたが、辞書に載っていない言葉にもかかわらず、いろいろと使い道のある便利な表現なので、ぜひ覚えてみてください。

また、こんなときにも使えます。

A: 야, 돈 좀 빌려 줘.(ヤ、ドン チョム ピルリョ ジョ:なぁ、お金ちょっと貸してや。)
B: 싫어.(シロ:イヤや。)
A: 쳇, 쪼잔하네...(チェッ、チョジャナネ:なんや、ケチやなぁ。)

基本的な意味としては「臆病で気が小さい」「他人が失敗などをしたときに、適当に受け流すことができない」といったニュアンスで、言ってみれば人間としての器が小さい、とでも言えばイメージが湧きやすいかもしれませんね。聞くほうとしてはあまり気分のいい言葉ではありませんが、親しい間柄なら冗談半分で使っても問題はなく、使い方次第でむしろぐっと親近感を感じてもらえるかもしれません。
[PR]
by nazdravie | 2005-12-13 14:16 | おもしろ韓国語講座