在韓駐在員の現地リポート


by nazdravie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

【おもしろ韓国語講座 #016】 새해 복 많이 받으세요(よいお年を)

クリスマスも終わり、2005年もいよいよ終わりに近づきました。韓国では구정(グジョン[旧正]:旧正月)のほうが重要なので、신정(シンジョン[新正]:正月)は1月1日がお休みになるだけで、あとは普段と特に変わりありません。日本のせわしない年末年始に比べると、何ともあっけない感じがします。

しかし、そうはいっても韓国社会も基本的には新暦で動いているので、新しい年を迎えることに対する感慨は、日本人とそう変わりありません。お正月が近づいてくると、職場で、学校で、あるいは親しい友だちや近所の人たちと言葉を交わせば、最後にかならず「새해 복 많이 받으세요(セヘ ボンマニバドゥセヨ:よいお年を)」と言うのを忘れません。

この새해 복 많이 받으세요ですが、直訳すれば「新年、福をたくさん受けてください」という意味で、「よいお年を」のほかにも、「明けましておめでとうございます」という意味でも使えるので便利です。

また、この時期になると송녕회(ソンニョンフェ[送年会]:忘年会)に誘われる機会も多くなります。中には망녕회(マンニョンフェ[忘年会])という表現を使う人もいますが、これは日本式の表現だということで、あまり好まない人もいるので、송년회を使うのが無難かもしれません。

さて、お正月が過ぎると今後は신년회(シンニョンフェ[新年会]:新年会)が始まります。いつも思うことですが、お正月が過ぎるとすぐ旧正月がやってきます。そうすると、신년회のあとにまた송년회をすることになります。

「財布のほうは大変だけど、2度も송년회と신년회のシーズンがあるなんて、あぁ、韓国って何て素晴らしい国なんだろう!」と思っていたら、友人が耳元でこうささやいてくれました。

「そんなこと言っているのは、奥さんに飲みに行く言い訳をするおじさんくらいですよ。」

なるほど、言われてみれば、2回目の송년회や신년회のときは、なぜか男性陣、それもやや年配の人たちが中心になっているような……。

ま、なにはともあれ、皆さん、2006年も새해 복 많이 받으세요!
[PR]
by nazdravie | 2005-12-26 11:40 | おもしろ韓国語講座