在韓駐在員の現地リポート


by nazdravie
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

【ヨーロッパ旅行記 #001】 漢城→首尓

f0008573_2123240.jpg
【ソウルの街角で #002】で、ソウルの中国語表記について触れましたが、去年北京に行ったときは、まだ従来の「漢城(ハンチョン)」のままで、表記を「首尓(ショウアール)」に変えようという韓国政府の努力はまだ道遠し、という感じでした。今回のヨーロッパ旅行は香港経由で、40分ほど空港で待機する時間があったので、ソウルの表記がどのようになっているのか、気になって案内表示板を覗いてみました。その結果が上の写真のとおり。ここ香港では、着実に「首尓」の表記が定着しつつあるようです。



f0008573_21234373.jpg
7月29日(土)
タイ国際航空で仁川国際空港を離陸し、まずは香港経由でタイのバンコクまでのフライトが始まりました。ソウルはこのところずっと豪雨が降り続いていたので、雨にはちょっと嫌気がさしていました。だから、まぁ、これで雨ともおさらばだ思ったわけですが、そんな喜びもつかの間、最初の経由地・香港の天気はやはり雨(写真)。今回の旅行も雨に悩まされるのかな、と少し憂鬱な気分になってしまいました。

香港では約40分ほど駐機し、あわただしくバンコクへと再び離陸しました。バンコクでは7時間ほど待ち時間があったので、久しぶりに市内に出てみることにしました。着陸したときはいい天気だったんですが、バスで市内に向かう途中、突然雲行きが怪しくなり、やがて激しい雨が降り始めました。バンコクでも、やはり雨か……。ここまでくると、もうあきらめて雨と仲良くお付き合いするしかありません。

幸い、高速道路を出て市内に入ったころには雨が上がり、代わりに東南アジア特有のムッとした暑さが僕の体力を奪い始めました。今回はアジア旅行用の体づくり(?)をしてこなかったので、バンコクの蒸し暑さは、思いのほかこたえました。というわけで、タイ料理でも食べながらブラブラ、と思ったんですが、急遽空港まで引き返し、涼しい室内で1時間コースの足つぼマッサージをしてもらうことに。これから1週間あまり、たくさん歩かないといけないので、まずは足の管理から!というわけです(笑)。

足つぼマッサージを終え、同じくタイ国際航空でフランクフルトへ。いよいよ2年ぶりのヨーロッパが少しずつ近づいてきました。
[PR]
by nazdravie | 2006-08-08 21:24 | ヨーロッパ旅行記