在韓駐在員の現地リポート


by nazdravie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

【ヨーロッパ旅行記 #002】 インターナショナル

f0008573_0355890.jpg
日本では道路標識にある地名はすべて日本の都市名です。「北京 ○○㎞」とか、「釜山 ○○㎞」なんていう表記は、まずあり得ません。

ところが、陸続きのヨーロッパでは、そんなことは当たり前。上の写真にあるのはオーストリア国境からスロバキアの首都・ブラティスラバへ向かう高速道路にある道路標識。左側にあるBrno、Györ、Wienはそれぞれチェコ、ハンガリー、オーストリアの都市(Wienはウィーンです^^)で、一番下のSenecはスロバキアの都市。右側の3つはすべてスロバキアの都市です。



f0008573_0361340.jpg
7月30日(日)
早朝フランクフルト国際空港に到着し、一度入国手続きをすませ、またすぐ今度はウィーン行きオーストリア航空のチェックインに向かいました。今回のエアチケットは、仁川~フランクフルトはソウルの旅行代理店で手配し、フランクフルト~ウィーンはオーストリア航空のウェッブサイトで直接購入しました。

オーストリアはスターアライアンスに加盟しているので、同じグループのルフトハンザのカウンターでチェックイン手続きをしました。Eチケットだったので、専用の発券機に予約時に入力したクレジットカードを差し込み、マイレージや座席確認など、いくつかの確認事項をクリックすると、自動的にチケットがでてきます。

1時間30分ほどのフライトでウィーンに到着。何かソウル~大阪くらいの近さで、あっという間のフライトでした。ドアにモーツァルトが描かれているのがオーストリアの航空会社だな、と思わせました。

さて、このウィーン空港で心温まるエピソードに遭遇しました。当日ウィーン空港で待ち合わせていたスロバキア人の友だち・Mが見当たらなかったので、携帯に電話をしようと思ったのですが、あいにく日曜日でテレホンカードを売っている場所がありませんでした。そこで入国ゲートのすぐ横にある落し物相談所の女性にいい方法はないかたずねたところ、財布から自分のテレホンカードを取り出し、これを使って友だちに電話をかけろと言ってくれました。

おかげで、無事友だちと連絡がとれ、一路スロバキアへと向かうことができました。このときは本当にどうしようかと不安だったんですが、いま思い返しても、落し物相談所のおばさんには感謝、感謝また感謝です。

ちなみに、スロバキア人の友だちがなぜ遅れてきたのかというと、道を間違えてハンガリーとの国境を越えてしまったとのこと。こんなところも、ヨーロッパらしいですね(笑)。
[PR]
by nazdravie | 2006-08-09 00:36 | ヨーロッパ旅行記