在韓駐在員の現地リポート


by nazdravie
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

【ヨーロッパ旅行記 #009】 カストロ危篤!?

f0008573_2133257.jpg
スロバキアの新聞のトップを飾ったこの人。はい、キューバのカストロ議長です。ここスロバキアは旧共産国だったからか、キューバへ旅行に行く人も結構いるとか。そんなわけで(そんなわけじゃなくてもですが)、ここスロバキアでもカストロ議長の容態にはかなり高い関心を集めているようです。というより、ことばがわからないので、写真にある新聞とか、テレビの映像を見て勝手に想像しているだけですけどね。

幸い(?)、カストロ議長は、僕が韓国に戻った今もご健在のようです。



f0008573_21333650.jpg
8月2日(水) つづき

コシツェからロジュナバ(Rožňava)に移り、そこにあるペンションで1泊することにしました。このあたりは、スロバキアの中でも特にハンガリー系住民の多いところで、町のあちこちでもハンガリー語を目にします。ペンションの主も、はやりハンガリー系の人。僕にはスロバキア語とハンガリー語の区別がまったくつきませんが、いっしょにいた友だちは、主のおばあさんがハンガリー語のテレビを見ていて、おばあさんが家族とハンガリー語を使っていたと言っていました。

このあたりはハンガリーとの国境にも近く、多くのハンガリー系住民が住んでいる地域だそうです。スロバキアの全人口の10%がハンガリー系で、そのほとんどがスロバキア南部のハンガリーとの国境地帯に住んでいるとか。10%となると、なかなか無視できませんね。

また、ここスロバキア南東部は、ロマ(ジプシー)が多い土地でもあるんです。この日の夜に行った酒場も、そのことばどおりに、客の9割方がハンガリー系かロマでした。肉体労働に従事しているのか、みんな大きな身体で顔は真っ赤に日焼けしており、ビール片手に大声で笑いながら話をするハンガリー人、一目も気にせず熱いキスを繰り返すロマのカップル……。今考えると、なかなか風変わりで楽しい場所でしたが、そのときはちょっと怖いな、と思いました。明らかに、スロバキアの他の地域とは雰囲気が少し違います。

さて、次の日はいよいよそのハンガリーに入ります。
[PR]
by nazdravie | 2006-08-15 21:33 | ヨーロッパ旅行記