在韓駐在員の現地リポート


by nazdravie
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

【おもしろ韓国語講座 #021】 가부시키(割り勘)

日本は典型的な割り勘文化と言われていますが、ここソウルで他の外国人と飲みに行くと、基本的に自分の分は自分で出すか、または割り勘をする傾向が強いようで、タクシーなどに乗っても割り勘しようという場合が少なくありません。そういう意味で、韓国のような割り勘をあまり好まない文化は、むしろ少数派なのかもしれません。

韓国で割り勘のことをふつう더치페이(ドチペイ)と言います。英語で割り勘を指す「Dutch Pay」ですね。こんなことばが作られるほどですから、オランダ人はヨーロッパで堅実な人たち、あるいはけちん坊と思われているのでしょうかね。

ところが、若い人はあまり使いませんが、会社の人たちと食事に行くと、中年の部課長さんが「자,우리 가부시키 하자(ジャー、ウリ カブシキ ハジャ:さぁ、割り勘しようぜ)」と言うのをよく耳にします。はて、가부시키(カブシキ)……。株式?そうです。日本語の「カブシキ」という単語が、ここ韓国ではなぜか「割り勘」という意味で使われているのです。株の配当に由来するんでしょうか、とにもかくにも、「カブシキ」は中高年のオジサンたちのあいだでは、더치페이に劣らずよく使われています。

年々物価が上昇する韓国では、若い人を中心に次第に割り勘文化が浸透してきています。しかし仲のいい友だち同士で飲みに行ったり、先輩が後輩を、上司が部下を連れてのみに行ったりすれば、今なお「오늘은 내가 쏠께!(オヌルン ネガ ソルッケ:今日はオレの奢りだ!)」といった威勢のいい声が聞こえてきます。쏘다(ソダ)はふつう「撃つ」という意味ですが、これがいつからか「奢る」という意味で使われるようになりました。また同じく「奢る」とう意味で한떡 내다(ハンドック ネダ)というのがあります。

さて、いつも奢ってくれる人といっしょなら、これほど楽なことはありませんが、あまりに奢ってもらってばかりいると、後で「걔는 짠돌이야(ゲヌン チャンドゥリヤ:アイツはケチだぜ)」などと陰口を叩かれるので要注意。ちなみに짠돌이(チャンドゥリ)とは「ケチ」のこと。同じ意味で구두쇠(クドゥセ)というのもあります。

「낼 때에는 확실히 낸다(ネルッテエヌン ファクシリ ネンダ:出すときにはキチンと出す)」。これ、お忘れなく!
[PR]
by nazdravie | 2006-01-10 23:03 | おもしろ韓国語講座