在韓駐在員の現地リポート


by nazdravie
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

釜山「飲み食い倒れ」ツアー 3

f0008573_2349225.jpg
激しく飲み食いを続ける、文字どおりの「飲み食い倒れ」ツアーもいよいよ最終日。この日は昼12時、つまりチェックアウトギリギリまでエネルギーを充電して、この日の飲み食いに備えました。この日は5時前に一足先にソウルに戻る仲間がいたので、あまり時間がありません。とにかく食べて食べて食べまくるべく、最初の目的地へと向かいました。

そして食べたのが、これ。

f0008573_23491919.jpg
東来温泉駅から徒歩10分ほどのところにある「東来ハルメパジョン(동래할매파전)」。今回、ガイドブックによく載っているメジャーなお店に行ったのは、これが始めて。さすが有名なだけあり、お店も上品なつくりで、厨房がガラス張りになっているなど、エンターテインメント性も重視したお店でした。このパジョン、とにかくウマかったです。口の中にパジョンが入っていくと、その瞬間トローンとした食感が何とも言えません。食後に出てきた「シッケ」という甘酒のような飲み物も、ソウルで何回も飲んでますが、ここのは味が深くてすごく美味しかったです。ガイドブックで「ウマい!」っていうお店は、額面どおり信じないほうなんですが、ここは行って大正解でした!

お腹いっぱい食べたわけですが……。泣いても笑っても、この日が旅の最終日。「もう食べられない」なんて言ってる余裕はありません。というわけで、店を出てすぐタクシーに飛び乗り、蓮山洞というところにある「カヤハルメ ミルミョン専門店(가야할매 밀명전문점)」というところに向かいました。なぜか今回はハルメ(釜山の方言で「おばあさん」のこと。標準語では「ハルモニ」)と名のつく店が多かったです。

で、食べたのが、これ。

f0008573_23494766.jpg
店の名前にもあるミルミョンです。見た感じは冷麺みたいですが、食感はむしろ冷やし中華に近い感じ。大と小があったんですが、「大がふつうで、小が小さいんだろう」と勝手な判断をして、大を注文したんですが、実際には「小がふつうで、大が大盛り」。器が目の前にきた瞬間、「シマッタ!」と少し後悔しました。

ところがところが、このミルミョンの美味しいこと!あれよあれよと言う間に全部平らげてしまいました。隣で食べていた友人のたつおさんなんて、僕がまだ3口くらいしか食べてないのに、その時点でもう大盛りを平らげてしまってました(驚)!ソウルではなかなか食べる機会のなかったミルミョンですが、これは本当にオススメです(てか、今まで食べたやつ全部オススメですが^^;)!

さて、僕らの帰りは夜8時ですが、さっきも書いたとおり、仲間のひとりは5時前には釜山を離れなければなりません。「最後にもう一度刺身を食べたい!」ということで、初日と同じチャガルチ市場のトガネチプへ。2回目ということもあり、おばさんもすごく喜んでくれました。だからなのか、サービスも続々出てきて、焼酎片手にお店の家族も交えて大宴会が始まりました。「夜の電車のこともあるし」なんて心配をする人は誰一人なく、焼酎の瓶が1本、2本……。気がつけばその数も10本を越えていました。

そこで食べたのは、これ。

f0008573_23505768.jpg
ウロクという魚。日本語で何というのかよくわかりませんが(僕は魚介類や樹木のボキャがかなり不足してます……)、歯ごたえがあってなかなか美味しいです。これはソウルでも簡単に手に入りますが、やっぱり港町の魚市場で食べるウロクは違います!潮の香を肴に、贅沢な昼の宴です(笑)。

そしてさらに、これ。

f0008573_23511243.jpg
初日にコムジャンオのタレなしを食べましたが、この日はタレつきのもの。タレなしもコムジャンオそのものの味を楽しめる珍味でしたが、このタレつきも負けず劣らずの美味。よくソウルで「釜山の料理はマズイ」なんていう人がいますが、ここではっきり言っちゃいます。

「いい加減なことを言うな!」

と。釜山の料理、マジで美味しいです。もちろん韓国の台所・全羅道の料理もおいしいですが、ここ釜山も負けてはいません!今回の旅で、ますます釜山の料理の虜になってしまいました。

そんなこんなで仲間のひとりは金海空港へと向かい、残った面子でさらに酒宴は続き……。8時10分のソウル行きKTXに乗るべく、釜山駅へと向かいました。もちろん、余ったわずかな時間も無駄にするまいと、駅前の寂れた飲み屋で最後のあがき(笑)。誰も客がいなかったり、僕らみんなハイになっていたりで、店はもう貸切大宴会状態。夜7時前だというのに、ノリはもう夜中の1時過ぎ!あまりの盛り上がりに、店の人も呆然とビールを運び続けるだけでした(笑)。

結局ギリギリまで飲み続け、出発ギリギリでKTXに飛び乗り、今回の釜山「飲み食い倒れ」ツアーは幕を閉じました。まぁ、こう書いてみても、なかなか当時の狂気の雰囲気を伝えることができませんが、とにかく苦しくも楽しい2泊3日でした。

唯一の誤算は、翌日会社に行かなければならない、ということを考えずに飲んでいたこと。月曜日、吐き気を催しながら出勤したのは言うまでもありません(笑)。
[PR]
by nazdravie | 2007-03-07 00:02 | いろいろ