在韓駐在員の現地リポート


by nazdravie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

【上海旅行記 #001】 上海の裏道を歩いて

f0008573_21474957.jpg

約半年ぶりに上海に行ってきました。相変わらず、曇り空なのか大気汚染のせいなのか、よくわからないドンヨリとした空模様。毎日どこかで交通事故を目にするのも、街中や空港でイラつくことも相変わらず。でも、ことばではうまく言い表せない上海の魅力を、あらためて感じた今回の旅行でした。あ、上の写真はパノラマホテルの部屋から撮った外灘の夜景です。

f0008573_21481493.jpg

今回僕が泊まったのは、実はパノラマホテルではなく、衡山路にある安亭ヴィラホテル。このあたりは、南京路や准海路の喧騒がウソのように、静かで落ち着いた雰囲気があり、上海在住の外国人が好んで訪れるそうです。それもそのはず、小奇麗な並木通りを散策してみると、お洒落なカフェやバーが点在していて、どこに入ろうか迷ってしまうくらいです。


f0008573_21484297.jpg

さて、この写真はちょっと面白いんです。衡山路にあるカフェ・レストラン「人間」というお店の入り口なんですが、門を引いても押しても、右に引いても左に引いても開かないんです。実はこれ、写真にあるモニュメントの、一番上と真ん中の四角の間に手を通すとドアが開く仕組みになっているんです。これがわからないと、入りたくても入れないというワケ。実際、この日も入り口の前で戸惑う訪問客もいました(笑)。


f0008573_21493171.jpg

最後にもう一枚。これは韓国語の上海ガイドブックには必ず載っている、韓国人旅行者定番の観光スポットです。日本のガイドブックではほとんど目にすることのないこの建物は、韓国が日本の植民地だった時代に、韓国の臨時政府が置かれたところ。一部英語や中国語の説明がついていますが、ほとんどが韓国語オンリー。まさに韓国人のための「海外課外授業の場」といった感じです。場所は新天地から歩いてわずか10分ほどの馬当路にあります。
[PR]
by nazdravie | 2007-07-17 21:55 | アジア旅行記