在韓駐在員の現地リポート


by nazdravie
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

【おもしろ韓国語講座 #052】 뻐꾸기 날리다(おべんちゃらを使う)

このコーナー、何ヶ月ぶりでしょうか?本当に100回目までたどり着くのか、かなり疑わしいところですが(笑)、とりあえず9ヶ月ぶりの第52号です!

コンパで女の子の気をひくために、或いは会食の席で上司の機嫌を取るために、口から出任せで、調子のいいことを言ったり、相手に聞こえのいいことを言ったりする人っていますよね?隣にいると、「あいつ、なにおべんちゃら使ってるんだ」などと半ば呆れながら感心するわけですが、韓国語ではこんなとき、「뻐꾸기 날리다(ポックギ ナルリダ)」という表現を、最近よく使うみたいです。

「뻐꾸기 날리다」は、「おべんちゃらを言う」「お世辞を言う」「ウソをつく」「大げさに放す」などといった意味が合わさったような言葉で、当然よい意味ではなく、否定的なニュアンスで使われます。「뻐꾸기 날리지 마(ポックギ ナルリジマ:調子のいいこと言ってんじゃねぇよ)」は、その典型例です。

でも、「サルもおだてりゃ木に登る」じゃないですが、おだてられて気分が悪くなることって、そんなにないですよね(まぁ、ケース・バイ・ケースでしょうが)?相手も悪気があってのことではないのですから、あんまり「뻐꾸기 날리지 마」なんて言っちゃうと、ちょっと相手が気の毒です。そんなとき、教科書によく出てくる「비행기 태우지 마세요(ピヘンギ テウジ マセヨ:おだてないでくださいよ)」とか、「아이고, 말씀 잘 하시네요(アイゴ、マルッスム チャラシネヨ:あらら、おじょうずですね)」といった表現を使えば、無難かもしれません。

ちなみに、「뻐꾸기(ポックギ)」は、鳥のカッコウのこと。「カッコウを飛ばす」のが、なぜ「おべんちゃらを言う」という意味になったのかはわかりません。とにもかくにも、ここ数年、韓国では本当にたくさんの新造語が生まれているので、外国人にはついていくのが大変です。
[PR]
by nazdravie | 2007-09-14 00:28 | おもしろ韓国語講座