在韓駐在員の現地リポート


by nazdravie
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Czech it out! その2

f0008573_22141014.jpg

前回、誰と行こうかと迷っていたところまで書いた、グランドインターコンチネンタル・ソウルの「Czech it out」プロモーション・イベント。平日の夜はみんな忙しいかな、と思い、結局こんなかわいいチェコの女の子を連れて行きました。

というのは半分冗談で、この子はチェコ人の友だちの娘さん。この日はチェコ人7人(うち2人は子ども)といっしょにチェコ料理を楽しむことになりました。韓国でチェコ料理を食べるのは、チェコで日本料理を食べるより難しいと思いますが、そんな母国の味にソウルで出会えるとあって、チェコ組は注文する前から少し興奮気味。やっぱり食べてナンボ、たかが食事、されど食事です!

f0008573_9393559.jpg

調理するのは、本場チェコはプラハのインターコンチネンタルからやって来た、一流料理人。ビュッフェ形式なので、いろいろな料理を自分なりに選んで食べられます。特に彼らが感動したのは、パン。チェコならではのパンというのがあるようで、本当にうれしそうにパンを食べていました。日本人で言えば、スロベニアでこしひかりを食べるようなもの?

この日は何と、チェコビールがどれだけ飲んでもタダという、ビール好きには信じられないようなスペシャル・サービスの日。この日はプロモーション3日目だったんですが、残念ながら一番人気のピルスナー・ウルケルは最初の2本で品切れ。後はチェコのバドワイザーや、ふだんはなかなかお目にかかることのない、ローカルビールなどを楽しみました。

f0008573_22154734.jpg

最後はデザートでしめたわけですが、途中でシェフが席にやってきて、チェコ語で楽しく歓談していました。もちろん、僕は何を言っているのか、チンプンカンプン。隣で訳してくれる人がいたので、少しだけその内容を知ることはできましたが(笑)。

チェコのシェフ曰く、韓国のホテルは、客室やホテルの規模に比べて、料理人の数がとても多いということ。同じ規模で考えても、チェコの数倍の料理人がホテルにいるとか。そういえば、デパートでも、免税店でも、韓国のお店って、店員さんが多いですよね~。

最後はシェフがチェコのパンをお土産にくれ、おまけに女の子ふたりには冒頭の帽子をプレゼント。ふたりとも大喜びで帽子をかぶって、レストランを行ったり来たり、写真をパシャパシャ撮っていました^^
[PR]
by nazdravie | 2007-10-11 22:26 | いろいろ