在韓駐在員の現地リポート


by nazdravie
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

【メルボルン旅行記 #008】 タイ生まれのコロン in メルボルン

f0008573_21421120.jpg

メルボルンのアジア食料品店で見つけたコロン。最初「あっ、コロンだ」と懐かしさ半分で手に取ったわけですが、ホテルに戻ってよくよく見てみると、何かしっくりきません。たしかにコロンの箱で、中に入っているのもコロンなんですが、どこかが違う……。

そう、これはタイで販売されているコロンを輸入したものなんです。メルボルンのアジア食料品店の多くは、中国人や華僑が経営しているお店が圧倒的に多く、日本食材なんかも中華系の人が経営しているところがほとんどです。

もちろん、それはレストランも例にもれず。友だちがアルバイトしている日本料理店は、社長が香港人、ホールは東南アジア系の華僑と韓国人だと言っていました。それくらい、メルボルンには中国系住民がたくさん住んでいるんですね。

そういえば、メルボルンの市長さんも中華系の人だと聞きました。そして、オーストラリアの首相も中国語がペラペラだとか。オーストラリアと中国って、意外と深い縁があるんですね。



f0008573_21424932.jpg

12月30日(土)

いよいよ最終日。とはいっても、飛行機は日付が変わった午前0時すぎなので、時間はタップリあります。そんなわけで、午前中は荷物整理をして、午後から行動開始となりました。

まず向かったのは友だちの家。フリンダース駅から歩いて10分ほどのところにあるマンションなんですが、ロビーはまるでホテルみたいにピカピカで、部屋からの眺めも、遠く水平線まで続く海が見える絶好のロケーション。「家賃高いんだろうなぁ」などと、貧乏人まるだしの感想が思わず口をついて出ました(笑)。

f0008573_21431831.jpg

この日いちばんの目的は、「Belgian Beer Café」という、ベルギービール専門店に行くこと。店の敷地は広大で、入り口を過ぎると広~い芝が広がっていて、その真ん中あたりでバンドがライブをしていました。で、さらにその奥まで進むと、やっと「本館」にたどり着きます。店内でももちろん飲めますが、ほとんどの人たちは、芝生に座ってビールを飲んでいました。

ビールの種類も豊富で、青い空の下、緑の芝生に座って、冷たくておいしいベルギービールを飲む―。これを幸せと言わずして、何と言えばいいんでしょうか!?

f0008573_2144164.jpg

途中で友だちの友だちが合流し、ビールを飲んだ後、その人の車(BMW!)でメキシコ料理の店に向かいました。メルボルン最後の食事がメキシコ領気とは、思いもしませんでしたが、それにしてもやっぱり移民の街です。滞在中にいろんな国の料理を食べることができました。肝心のオージービーフは、一度しか食べれなかったので、それがちょっと心残りといえば、心残りでしたが^^

そんなこんなで、夜も更けた10時前にサザンクロス駅からリムジンバスに乗ってメルボルン空港へ向かい、今回の旅は幕を閉じることに。薄れゆく記憶の中、何とか無事に最後まで書けました(笑)。
[PR]
by nazdravie | 2008-01-21 21:47 | オセアニア旅行記