在韓駐在員の現地リポート


by nazdravie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2008年 01月 07日 ( 1 )

f0008573_22254928.jpg

おなかを壊してトイレに駆け込んだときに撮った一枚。「Please dispose syringes safely(針を安全に捨ててください)」と書かれた容器入れが壁にかけられていました。最初に見たときは、「オーストラリアって、シャブは合法だったっけ?」なんて思ったりもしましたが、そんなはずはありません(笑)。これはたぶん、糖尿病のひとがインシュリン注射をした後に捨てるトレイでしょう。

ソウルにいるアメリカ人の友だちでⅠ型糖尿病の人がいるんですが、食事時や飲んでいるときに、「トイレに行く」といってインシュリンを打ちにいく姿をたびたび見てきました。もしトレイがなければ、使用済みの注射針の処理に困ってしまいますが、こんな配慮があれば糖尿病の人も楽でしょうね。

ま、裏返せば、オーストラリアには日本とは比べものにならないくらい、たくさんの糖尿病患者がいるということなのでしょうが。それにしても、こうした配慮は日本でもどんどん取り入れてほしいものです。

旅行記:
[PR]
by nazdravie | 2008-01-07 22:29 | オセアニア旅行記