在韓駐在員の現地リポート


by nazdravie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:ヨーロッパ旅行記( 31 )

f0008573_0384496.jpg

後姿のヤルダです。フロリダだったかな?アメリカのどこかで買ってきたTシャツだそうです。何が書いてあるのかわかっているのか、と尋ねたら、わかっていませんでした(汗)。彼曰く、「ヘンな意味じゃなくてよかった。」

ヨーロッパ旅行最後の夜は、チェコのプラハ。振り出しに戻ってきました。
今回の旅、最後の最後で、ビッグ・サプライズが待っていたんです!

さて、いったいどんなサプライズなのか???

旅行記:
[PR]
by nazdravie | 2007-08-20 00:50 | ヨーロッパ旅行記
f0008573_0441972.jpg

シティホテル・ブラティスラバのある部屋に掲げられていたプレートです。JAP SECURITYって、何なんでしょうね。まさか、日本人を保護してくれる部屋?それとも日本人から保護してくれる部屋?ウーン、何なんだろう。つい写真を撮ってしまいました。

でも、この写真、よーく見てみると、「JAP SECURITY」の後ろに小さく「s.r.o」と書かれています。これは確か「株式会社」の意味だったと思うので、警備会社か何かの会社の名前なんでしょうね、たぶん(笑)。

旅行記:
[PR]
by nazdravie | 2007-08-18 00:50 | ヨーロッパ旅行記

f0008573_0554657.jpg
ウィーンの観光名所、ステファン大聖堂の前でのひとコマ。どこの国の人たちかわかりませんが、B-BOYたちがブレイクダンスのパフォーマンスを繰り広げています。ベッカム似の人や、ナインティナインの岡村似の人、いろんなダンサーが交互に自慢のブレイクダンスを披露していました。大男たちが繰り広げるブレイクダンスは、迫力満点でした。

旅行記:
[PR]
by nazdravie | 2007-08-16 00:59 | ヨーロッパ旅行記
f0008573_0365232.jpg

ブダペストではちょっと奮発して、インターコンチネンタルのリバービューの部屋を取りました。今回この街を訪れた目的はただひとつ。くさり橋とブダ王宮の夜景をホテルの窓から楽しむこと。夜景ももちろん素晴らしかったですが、朝起きて窓の外に、朝焼けに映えるブダ王宮が見えるんですが、これが何ともいえない美しさ。このホテルにして、正解でした!

旅行記:
[PR]
by nazdravie | 2007-08-14 00:39 | ヨーロッパ旅行記
f0008573_23575829.jpg

タイトルをスティングっぽくしてみました(笑)。

初回でも少し書きましたが、チェコには主にスラブ圏の国々から多くの人たちが働きにきています。今回チェスケ・ブディエヨヴィツェからプラハまでの列車で、同じコンパートメントにいた男性(写真)もその一人。彼はクロアチアに帰省した帰りで、この列車にかれこれ20時間くらい揺られてきたそうです。さすがホテルマン、というだけあって、母国語のセルボ・クロアチア語のほか、英語、ドイツ語、チェコ語を操るマルチリンガル。こんなとき、ヨーロッパを感じちゃいます。車中、ストイコビッチやオシムの話で盛り上がりました(笑)。

旅行記:
[PR]
by nazdravie | 2007-08-13 00:02 | ヨーロッパ旅行記
f0008573_2452741.jpg

言うまでもありませんが、チェコのテレビ番組を見ても、何を話しているのかさっぱりわかりません。そんなわけで、流れている音楽とか、写っている風景とか、レポートしているお姉さんとか、そんなところに気がいってしまうわけですね。上の写真は、朝の情報番組。毎朝やっていたので、さながら「チェコ版 ズームイン朝」といったところか?

画面では、カーラ・ムラチュコバという金髪のお姉さんが、今日の天気を解説してくれています。この日のプラハは曇りのようですね。でも、カーラさんの天気予報を見るだけで、僕の心は快晴です(爆)。

旅行記:
[PR]
by nazdravie | 2007-08-11 02:49 | ヨーロッパ旅行記
f0008573_138628.jpg

ピルスナービールというのをご存知ですか?淡い琥珀色の下面発酵ビールのことを言うのですが、簡単にいえば、日本で流通しているほとんどの黄色いビールが、このピルスナーに属する、と考えてもらえれば、だいたいわかってもらえるのではないかと思います。このピルスナーという言葉はドイツ語で「ピルゼンの」という意味で、ピルゼンはチェコ語でプルゼニュ、つまり、ピルスナーの語源がまさにプルゼニュという街の名前なんです。

もし飲み屋で「ピルスナー・ウルケル」というビールを飲む機会があれば、そのラベルをよく眺めてみてください。上の写真にあるゲートが描かれているはずです。そう、僕はついにこの「ビールの聖地」、プルゼニュで、「ピルスナーの生まれ故郷」、ピルスナー・ウルケルの工場に足を踏み入れたんです!

旅行記:
[PR]
by nazdravie | 2007-08-10 01:47 | ヨーロッパ旅行記

f0008573_17481.jpg
チェコはビールよりも水のほうが高いという、ビール好きには何ともたまらない国なわけですが、そんなチェコで見つけたミネラルウォーター「エビアン」。太っちょの容器に入っていて、なかなかかわいらしいですよね?日本や韓国では、こんな形のペットボトルは見たことがないような……。飲み口も、ちょうどマラソン選手の給水用のように、くちびるで強く吸い込むか、ボトルのおなかを押すと水がピュッとでる感じで、なかなか便利です。

旅行記:
[PR]
by nazdravie | 2007-08-09 01:11 | ヨーロッパ旅行記
f0008573_2150792.jpg

マイレージの件もあって、いつもアシアナ航空をはじめとしたスターアライアンスを利用していますが、今回はチケットが取れなかったこともあって、久々に大韓航空に搭乗。機内食もなかなかおいしかったし、フライトアテンダントも日英韓の3ヶ国語を流暢に駆使、とても快適なフライトでした。

次も是非!と言いたいところですが、今まで貯めたマイレージもあるので、残念ながら(?)当分の間はアシアナに乗ると思います(笑)。

旅行記:
[PR]
by nazdravie | 2007-08-08 21:55 | ヨーロッパ旅行記

ヨーロッパ 2007

ヨーロッパ旅行の概要がだんだん固まってきました。前回はホテルをめぐってガタガタしていましたが、今回はベルリンに行くか行かないかをめぐって、ちょっと意見の違いが出ました。とまぁ、紆余曲折を経ながら、ほぼスケジュールが固まりました。

①プラハ
②プルゼニュ
③チェスキー・クルムロフ
④チェスケ・ブディヨヴィツェ
⑤ブダペスト
⑥ウィーン
⑦ブラティスラバ

こんな感じで、今回は旅の効率や予算などを考えて、思い切ってドイツを外してみました。それにしても、①②③④⑥⑦(ていうか、⑤以外)はビール絡みってのが、スケジュールを作った自分でもスゴイ!

ビールの国の首都・プラハで一杯して、ピルスナーの故郷プルゼニュと元祖バドワイザーの町チェスケ・ブディヨヴィツェ、それに世界一美しい町のひとつといわれるチェスキー・クルムロフでも一杯。

ブダペストでひと息ついて、ゲルマン系だけに、意外とビールが飲まれているウィーン、それにかつてはチェコスロバキアの一員だっただけあって、たくさんの地ビールがあるスロバキアの首都・ブラティスラバでシメのビールを!

もちろん、いくらビールを飲み続けても、ブダペストの夜景は見逃すわけにいきません。ドナウ河畔のインターコンチネンタルをチャッカリ予約。あとはリバービューの部屋をGETするだけ。4回目の東欧旅行にして、今回ついにくさり橋とご対面!

と、頭の中はヨーロッパで一杯なんですけど、実は明日から上海(笑)。
もちろん、上海に着いたその日の夜は、アイリッシュパブ「オマリーズ」のギネスで乾杯☆
[PR]
by nazdravie | 2007-07-13 23:25 | ヨーロッパ旅行記