在韓駐在員の現地リポート


by nazdravie
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:ヨーロッパ旅行記( 31 )

毎夏恒例(?)のヨーロッパ旅行が近づいてきました(その前に上海旅行が待っているわけですが)。これまでは、ひとつの国に腰を落ち着けて旅行をすることが多かったんですが、今回はかなり動き回る旅行になりそうです。

ほぼ固まってきた今回の訪問先は、①チェコ(プラハ、プルゼニュ)、②ドイツ(ベルリン、ドレスデン)、③ハンガリー(ブダペスト)、④オーストリア(ウィーン)、⑤スロバキア(ブラティスラバ)の5カ国7都市。ドレスデンは泊まるだけなので、実際には6都市。このうち初訪問はプルゼニュ、ドレスデン、ブダペスト。

今回のハイライトをいくつか挙げると、

①スパルタ・プラハの選手たち御用達のパブ訪問(一見さんの入店はむずかしいお店だとか)
②ピルスナービールのふるさと・プルゼニュでウルケル工場の見学
③念願のブダペスト・くさり橋の夜景を見ながらハンガリーワインを楽しむ
④久しぶりのベルリンで本場ドイツビールを堪能
⑤スロバキアの友だちと久しぶりに、ビール片手に「Na Zdravie!」


などなど。。。

ところで、今回は初めて複数のメンバー、それも韓国人の面々と旅に出るわけですが、やはり国も違えば好みも違うというわけで、ホテル選びからしてちょっと難航しています。同伴者の最初のリクエストは「韓国人経営の民宿に泊まる」。朝食に韓国料理が出るのがポイントらしいが、僕に言わせれば、旅行中くらいキムチを食べずに過ごしたいというのが本音。ま、どうしてもというなら、別にいいんだけれど……。

次のリクエストは「現地の友だちの家に泊めてもらう」。まぁ、僕もドイツやスロバキアではずっと友だちの家に泊めてもらっていたので、どうこう言える立場ではありませんが、「3人で一家にお邪魔する」というのは、いかに親しい知人であってもためらってしまいます。同伴者は「ソウルで遊んであげたんだから、当たり前」と涼しい顔。ウーン、それなら韓国人民宿のほうが、気が楽だよねぇ、やっぱり……。

ま、別の見方をすれば、韓国人は常にそうして歓待してくれるわけで、それが韓国人のいいところで、好きなところなんですけどね(笑)。

一人旅と違ってにぎやかな旅になりそうですが、一方で何かと気疲する旅にもなりそうな予感(汗)。とにもかくにも、いったいどんな旅になることやら。あとは行ってからのお楽しみ(^。^)
[PR]
by nazdravie | 2007-07-09 22:25 | ヨーロッパ旅行記

Go West!

f0008573_014369.jpg

毎年恒例(?)の、夏のヨーロッパ旅行の季節がやってきました。2003年のドイツ・チェコ、2005年のスロバキア、2006年のドイツ・スロバキア・ハンガリー・オーストリアに続く今回の最初の目的地は、チェコのプラハです!

今回は行くかどうかもなかなか決まらず、あと1ヶ月だというのにスケジュールもほとんど白紙の状態で、ちょっといつもと状況が違います。おまけに、ヨーロッパに発つ前週は所用で上海に行くので、1ヶ月に2度の海外旅行と、なんとも贅沢な月になりそうです。

今回は、チェコを足がかりに、ドイツ、ポーランドあたりに行こうか、それとも思い切ってヒューガルテンのふるさと・ベルギーまで足を伸ばしてくるか、はたまたこれまで行こう、行こうと思いながらいけなかったブダペストのくさり橋を見に、ハンガリーに行くか……。急いで頭の中を整理しなきゃいけません。

宿もこれからなんですが、最大の誤算はチケットがなかなか取れず、思いっきり高いチケットを買ってしまったこと。行きがインチョン→チューリヒ→プラハ、帰りがプラハ→フランクフルト→インチョンと、乗り継ぎ便にもかかわらず、なんと日本円で約20万円のお買い物!さすがに、これだけは未だにすっきりしないんですけどね。大韓航空は、プラハまで直行便を飛ばしているので、なおさらです。本当だったら、この値段でプラハ直行便が取れるのに……。

高いチケット代の元を取るためにも、これから気合を入れてスケジュールを組み立てます♪
[PR]
by nazdravie | 2007-06-25 00:02 | ヨーロッパ旅行記
f0008573_22475351.jpg
行きと同じく、帰りも香港経由だったんですが、ここでなんと「サムライブルー」仕様のJAL機に遭遇しました。ワールドカップもとっくに終わってしまってましたが、思わぬところでサムライブルー・ジャンボを見ることに。

関空行きのサムライブルー機を横目に、僕の乗った飛行機は一路ソウルへ。

旅行記:
[PR]
by nazdravie | 2006-08-20 23:04 | ヨーロッパ旅行記
f0008573_221456.jpg
以前、【Discover World #001】で、ドイツの意外なトイレ事情について書いたことがありますが、今回フランクフルトのホテルで、その「証拠写真」を撮って来ました。よく見てください。水溜りが、手前のほうにあるでしょう?僕たちが普段使う便器は、水溜りが奥の方にあります。

食事前の方、食事中の方、失礼しました(笑)。

旅行記:
[PR]
by nazdravie | 2006-08-20 02:02 | ヨーロッパ旅行記
f0008573_1564961.jpg
ウィーンのシュテファン寺院前広場でおこなわれていた、イスラム系団体を中心とした市民団体による街頭デモ。イスラエルによるレバノン攻撃に反対する内容のようです。

この他にも、広場ではさまざまなデモや署名活動などがおこなわれていました。道を行き交う人たちも、白人、黒人、アジア人、アラブ人などなど、ありとあらゆる人種・地域の人たちがいて、国際都市・ウィーンをあらためて実感しました。

旅行記:
[PR]
by nazdravie | 2006-08-20 01:47 | ヨーロッパ旅行記
f0008573_111955.jpg
懐かしいこの女性。2年前もここに来ました。で、写真を撮りました。面白いでしょう、これ?顔は幼い少女なのに、身体は完全な女性です。おまけに髪の毛はメデューサみたいで。これを描いた人の意図を是非とも知りたいものです。

僕がこの絵を気に入っているのを知っている友だちが、わざわざ僕をここまで連れてきてくれました。スロバキア最後の夜に、思いがけない「再開」です(笑)。

旅行記:
[PR]
by nazdravie | 2006-08-19 01:11 | ヨーロッパ旅行記
f0008573_0183843.jpg
トゥルナヴァ(Trnava)の聖堂前で、ヨハネ・パウロ2世の銅像を見つけました。彼がこの地を訪れた記念なのか、単に彼を偲ぶために作られたものなのかは不明ですが、この国にはカトリック信者が多いんでしょうかね。

ところが、僕の友だちは総じて無宗教の人が多いようです。もちろん、そんな何十人も友だちがいるわけではありませんが、熱心に教会や聖堂に通う人というのは、今回会った人たちの中にはいなかったような気がします。

少なくとも、スロバキアよりも韓国のほうが、熱心な(パワフルな!?)クリスチャンが多いような気がします(韓国はほとんどがプロテスタントです)。まぁ、熱心なのがいいかどうかは、また別の話ですが……。

旅行記:
[PR]
by nazdravie | 2006-08-19 00:19 | ヨーロッパ旅行記
f0008573_224663.jpg
ニトラ(Nitra)は、ツォルゴン(Corgoň)というビールで有名な町でもあるそうです。ツォルゴンというのは、スロバキアの神話か何かに出てくる伝説の神様の名前みたいです。見たところ、力持ちの神様のようですね。ツォルゴンのホームページを一度覗いてみてください。写真とまったく同じツォルゴンの像があります。思いがけず、ビールの「聖地」を訪れることができて、よかったです(笑)。

旅行記:
[PR]
by nazdravie | 2006-08-18 22:05 | ヨーロッパ旅行記
f0008573_029544.jpg
西スロバキアの都市・ニトラ(Nitra)の駐車場で。なかなか味のある車です。旧東独の車って言ってたかな、確か?思わず写真を撮ってしまいました。

スロバキア国内を車で走っていると、日本ではまず見ることのない珍しい車によく遭遇します。その多くが、旧ソ連や旧東独で作られていた車で、中には旧東欧諸国で生産されていたイタリアのフィアット社の車もありました。

そんなスロバキアで一番多く見かけるのが、チェコのシュコダ(Skoda)社のもの。その他、フランスのシトロエン、プジョー、ドイツのフォルクスワーゲンなどもよく目にしました。残念ながら、日本車のシェアは、まだあまり高くないようでしたが、それでもたくさんの日本車が走っていました。

お隣のハンガリーを訪れたとき、スズキの車がたくさん走っているのにビックリしましたが、スズキはハンガリーに大きな工場を持っているみたいですね。

旅行記:
[PR]
by nazdravie | 2006-08-18 00:30 | ヨーロッパ旅行記
f0008573_0235799.jpg
ハンガリーのミシュコルツ市内で見つけた、迷子の子犬を探すちらし。探し出してくれた人には50,000フォリント差し上げます、という意味だと思うけど、ウーン。50,000フォリントは、確か日本円で25,000円くらい?レートをよく覚えてないけど、たぶんそれくらいだったと思います。ハンガリー人の所得がどれくらいなのかわからないけど、金額からすると、この飼い主はかなりこの子犬のことを可愛がっていたみたいですね。このチラシ、ミシュコルツ市内の至るところで見ました。

無事見つかるといいですね。

旅行記:
[PR]
by nazdravie | 2006-08-17 00:24 | ヨーロッパ旅行記