在韓駐在員の現地リポート


by nazdravie
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:ヨーロッパ旅行記( 31 )

f0008573_2241662.jpg
「ナポレオンはフランスでは英雄だけれども、ドイツでは悪者」といった話を聞いたことがあります。日本でも、豊臣秀吉、西郷隆盛、伊藤博文といった人たちは偉人として尊敬を集めていますが、お隣のここ韓国では、それぞれ朝鮮出兵の元凶、征韓論の代表的論客、朝鮮総督府の初代総督、といった悪者イメージで通っています。ある国での英雄が他国では悪者、というケースは、そう珍しくないのかもしれませんね。

で、この写真の人。ハンガリー東部の町・ミシュコルツ(Miskolc)で見つけたんですが、コシュート・ラヨシュという、ハプスブルク家の支配からの独立を宣言した、ハンガリーの民族的英雄だそうです。でも、僕がコシュートの写真を撮っていると、横でスロバキア人の友だちが、「こいつはスロバキアを支配した悪い奴だ」と、険しい顔をしていました。スロバキアは、何と約1000年間ものあいだ、ハンガリーの支配を受けてきたといいますから、なるほど、彼らの気持ちもわからなくもないな、という気がしました。

写真をよく見ると、コシュートの頭の上にハトが乗っかっています。彼らはこれを見て「なかなかうまく撮ったじゃん!」とうれしそうな顔で誉めてくれました。

そんなつもりで撮ったわけじゃないんだけど……、ま、いっか(笑)。

旅行記:
[PR]
by nazdravie | 2006-08-16 22:05 | ヨーロッパ旅行記
f0008573_2133257.jpg
スロバキアの新聞のトップを飾ったこの人。はい、キューバのカストロ議長です。ここスロバキアは旧共産国だったからか、キューバへ旅行に行く人も結構いるとか。そんなわけで(そんなわけじゃなくてもですが)、ここスロバキアでもカストロ議長の容態にはかなり高い関心を集めているようです。というより、ことばがわからないので、写真にある新聞とか、テレビの映像を見て勝手に想像しているだけですけどね。

幸い(?)、カストロ議長は、僕が韓国に戻った今もご健在のようです。

旅行記:
[PR]
by nazdravie | 2006-08-15 21:33 | ヨーロッパ旅行記
f0008573_22372876.jpg
スロバキア第2の都市・コシツェ(Košice)の路地で見つけた1コマ。「Pozor!(注意)」で始まるこの掲示物、「壊れそうなビルなので気をつけること」といった意味のことが書いてあるとか。確かに古くて今にも壁が剥げ落ちてきそうな、そんな感じではありました。でも、まさかこんな表示をするほどとは……。

でも、ウソと思うかもしれませんが、通り過ぎるとき、このビルの壁の一部がポロっと落ちてきてました。警告はホンモノのようです(笑)。

旅行記:
[PR]
by nazdravie | 2006-08-14 22:37 | ヨーロッパ旅行記
f0008573_1353293.jpg
檻に囲われた信号機。工事現場に臨時で設置されたものです。西スロバキアのほうでは檻の中に入っていないんですが、東スロバキアのほうに行くと、なぜかこうした檻の中に入った信号機をよく見かけました。気になってスロバキア人の友だちに尋ねてみると、意外な答えが。

「ロマ(ジプシー)が信号機を持ち去って、売っ払ってしまうからさ。」

それから、車の中でロマ談義が続いたわけですが、スロバキア人のロマに対する不信感、警戒心にはすざましいものがあります。事情をよく知らない僕が、あまりいい加減なことをいえませんが、これはかなり深刻な社会問題のようです。

旅行記:
[PR]
by nazdravie | 2006-08-13 01:36 | ヨーロッパ旅行記
f0008573_042190.jpg
スパといえば、おとなりのチェコやハンガリーのほうがよく知られているようですが、ここスロバキアにもスパがあちこちにあります。今回の旅行でもトレンチーンとバルデヨフのスパを訪ねましたが、ここヴィスネ・ルズバチー(Vyśné Ruźbachy)にも小さなスパがありました。で、どこにあったかというと、僕らが寝泊りしたペンションの向かい。最初は池か何かかと思いましたが、実はスパだったんです。

朝早く、水着でスパにつかる人が窓から見えましたが、道路わきの小さなスパで、あまりにも当たり前にくつろいでいるおじさんにちょっとビックリ。温泉水が汲めるところもあり、実際飲んでみたんですが、独特の硫黄臭と炭酸入りの水。お世辞にもウマいとはいえませんでしたが、気のせいか身体の調子がよくなったような気も……。

旅行記:
[PR]
by nazdravie | 2006-08-13 00:06 | ヨーロッパ旅行記
f0008573_1425245.jpg
写真を見てビックリした人もいるんじゃないでしょうか?彼の手にある缶ジュース。そこに描かれているのは、まぎれもないマリファナです。オランダはマリファナに比較的慣用だと言われていますが、何とマリファナジュースとは、これはもうオランダの先を行っています!

ガソリンスタンドの休憩所で偶然みつけた、この「謎」のジュース。もちろんマリファナジュースじゃありません(ホントにそうだったら、ブログに堂々と載せていません!)。何かよくわかりませんが、紅茶みたいな味の、そんなドリンクです。

旅行記:
[PR]
by nazdravie | 2006-08-12 14:26 | ヨーロッパ旅行記
f0008573_0421953.jpg
写真の食べ物、名前は忘れましたが、スロバキアでは特に子どもがおやつ代わりに好んで食べるものだそうで、韓国で例えるなら、さながら「トッポッキ」といったところでしょうか?ツナとマヨネーズなどを絡めたもので、写真で赤く見えるのは、オプションでついているスパイスのようなもの。

食べてみると、これがなかなかの美味です。スロバキアでスーパーに立ち寄ることがあれば、是非トライしてみてください。ちなみに、この商品名は「lohôdková Treska v majonéze」というもの。Treskaが大きく書いてあるので、これが食べ物の名前なのかも?

旅行記:
[PR]
by nazdravie | 2006-08-11 00:44 | ヨーロッパ旅行記
f0008573_20225357.jpg
スロバキアで最も大きな映画祭のひとつと言われているのが、毎年6月にトレンチアスケ・テプリツェ(Trenčiáske Pteplice)で開催されるアートフィルム・フェスティバル。これまでにも、ヨーロッパを中心とした多くのスターがこの町を訪れました。このソフィア・ローレンのプレートは、彼女が1999年にこの映画祭でActor’s Missions Awardを受賞したのを記念したもの。今年はジャクリーン・ビセットがこの賞をもらったそうです。

旅行記:
[PR]
by nazdravie | 2006-08-10 20:23 | ヨーロッパ旅行記
f0008573_0355890.jpg
日本では道路標識にある地名はすべて日本の都市名です。「北京 ○○㎞」とか、「釜山 ○○㎞」なんていう表記は、まずあり得ません。

ところが、陸続きのヨーロッパでは、そんなことは当たり前。上の写真にあるのはオーストリア国境からスロバキアの首都・ブラティスラバへ向かう高速道路にある道路標識。左側にあるBrno、Györ、Wienはそれぞれチェコ、ハンガリー、オーストリアの都市(Wienはウィーンです^^)で、一番下のSenecはスロバキアの都市。右側の3つはすべてスロバキアの都市です。

旅行記:
[PR]
by nazdravie | 2006-08-09 00:36 | ヨーロッパ旅行記
f0008573_2123240.jpg
【ソウルの街角で #002】で、ソウルの中国語表記について触れましたが、去年北京に行ったときは、まだ従来の「漢城(ハンチョン)」のままで、表記を「首尓(ショウアール)」に変えようという韓国政府の努力はまだ道遠し、という感じでした。今回のヨーロッパ旅行は香港経由で、40分ほど空港で待機する時間があったので、ソウルの表記がどのようになっているのか、気になって案内表示板を覗いてみました。その結果が上の写真のとおり。ここ香港では、着実に「首尓」の表記が定着しつつあるようです。

旅行記:
[PR]
by nazdravie | 2006-08-08 21:24 | ヨーロッパ旅行記