在韓駐在員の現地リポート


by nazdravie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

f0008573_0232955.jpg

186センチの大男で、左腕には大きなタトゥーがある#19 DFフィリップ・シュテファンカ(Filip Štefanka)選手。一見イカつく取っつきにくそうに見えますが、素顔の彼はすごく陽気で喋り好きのナイスガイ。今期は同じく新加入のパトリック・フチコ選手とともに、ハルラのバックをしっかりと固めます。

彼のホッケーキャリアはチェコ・エクストラリーガのHC Trinec(97-98)からですが、彼が頭角を現してきたのは、99年にやはりエクストラリーガのHC Havirov Panthersに移籍してから。特に03-04シーズンは、HC Trinecで50試合に出場、プレーオフでも1ゴールを記録するなど、なかなかの活躍を見せたようです。

しかし、翌シーズンの途中でマイナーリーグ格の1リーガ(HC Havirov Panthers)でプレーすることになり、05-06シーズンまでエクストラリーグと1リーガを行ったりきたりすることになります。そしてそのシーズンの途中からポーランドのUnia Oswiecimに移籍、さらにその翌シーズンはイタリア・セリエAのSG Pontebba AFVGに移るなど、各国を転々とし始めます。そしてこの07-08シーズン、こうして極東の地を踏むことになりました。

ところで、イタリアのサイトに、シュテファンカ選手のインタビューが載っていました(イタリア語の下に、英訳があります)。そこでインタビュアーが、イタリアのセリエAのレベルがチェコの下部リーグ(ここではおそらく1リーガのことでしょう)あたりかと尋ねていますが、シュテファンカ選手は同じか、それ以上だと答えています。地元メディアとのインタビューなので、多少のリップサービスはあるかもしれませんが、ヨーロッパのリーグをほとんど知らない僕のような者にとって、イタリアリーグのレベルを推し量るうえで、ひとつのヒントにはなりそうですね。

最後に余談ですが、シュテファンカ選手がポーランドで所属していたチーム名「Oswiecim」、「オシフィエンチム」と読むそうなんですが、言いにくい名前のこの街、実は誰もが知ってる有名なところなんです。この街をドイツ語では「アウシュビッツ」。そう、あの強制収容所で有名な、アウシュビッツにシュテファンカ選手はいたんです。

と、ホッケーの話から逸れてしまいましたが、とにもかくにも今シーズンは、フチコ選手とともに、相手チームの「大きな壁」となって、チームの勝利に貢献してもらいたいものです!

写真;SG Pontebba AFVG時代のシュテファンカ選手 http://www.eurohockey.net/)


2007-2008シーズン:
#002 パトリック・マルティネツ(Patrik Martinec)
#006 パトリック・フチコ(Patrik Hučko)
#008 ミラン・コペツキー(Milan Kopecky)
#009 佐藤正和(Masakazu Sato)
#010 トーマス・フルビー(Tomáš Hrubý)
[PR]
by nazdravie | 2007-08-28 00:26 | ハルラの外国人選手迷鑑
f0008573_1315821.jpg

昨シーズンを以ってアニャンハルラを退団したヤロスラフ・ネドベド、ズデネク・ネドベド、パベル・ファルタ、瀬高哲雄の各選手に代わり、今シーズンは4人の新しい外国人選手がハルラでプレーすることになりました。うち3人がチェコ人で、1人が日本人という構成は変わらず。

ということで、これから4回にわたり、ハルラの新しい外国人選手について紹介してみようと思います。そのトップバッターは、#61 DFパトリック・フチコ(Patrik Hučko)選手。チェコ人とスロバキア人の両親のあいだに生まれたフチコ選手。191センチという高い身長は、昨季までいたヤロスラフ・ネドベド選手を彷彿とさせます。

彼のプロ生活はHC Zlinから始まり、おもにこのクラブを軸にキャリアを積んできたようです。基本的にチェコのトップリーグであるエクストラリーグに属していたようですが、どのチームでもコンスタントにゲームに出場していたようで、そのキャリアだけを見ても、心強いですね!

3年目を迎えるパトリック・マルティネツ選手を含め、4人のチェコ人選手の中で唯一流暢に英語をしゃべるフチコ選手。その理由も、キャリアを見ればある程度納得できます。彼はチェコのエクストラリーグで長くプレーをしてきましたが、その間にもドイツのStar Bulls Rosenheim(99-00)、フィンランドのHIFK Helsinki(00-01)、オーストリアのEHC Black Wings Linz(01-02)、ロシアのNeftekhimik Nizhnekamsk(02-03)、スウェーデンのAIK(03-04)、IK Nyköpings NH 90(04-05、06-07)、Leksands(05-06)と、実に海外5カ国でのプレー経験を持つ国際派プレーヤーなんです。今回のアジアリーグで、6カ国目の海外リーグということになります。

ところで、このフチコ選手。HC Plzeň時代(05-06)に日本の坂田淳二選手とチームメートだったと言います。そんなところに、何となく日本との縁を感じますね(「アリガトウ」と日本語で言うとき、何故か最後が巻き舌で「アリガトール」になっていましたが^^)。

最後に、チェコ語がわかる人でないと意味はないんですが(という僕もわかりませんが^^;)、チェコのウェブサイトに、フチコ選手の韓国行きに関するインタビューが載っています。チェコ語がわかる人や、スラブ言語の単語を拾い読みできる人は、参考までに是非ご覧ください!

残りの新しいチェコ人選手はともに若いので、マルティネツ選手とフチコ選手の「パトリック・コンビ」が、ハルラをグイグイ引っ張っていってくれると期待したいと思います!

写真:HC Zlin時代のフチコ選手(右側) http://slovacky.denik.cz/)

2007-2008シーズン:
#002 パトリック・マルティネツ(Patrik Martinec)
#007 フィリップ・シュテファンカ(Filip Štefanka)
#008 ミラン・コペツキー(Milan Kopecky)
#009 佐藤正和(Masakazu Sato)
#010 トーマス・フルビー(Tomáš Hrubý)
[PR]
by nazdravie | 2007-08-25 13:10 | ハルラの外国人選手迷鑑
f0008573_0384496.jpg

後姿のヤルダです。フロリダだったかな?アメリカのどこかで買ってきたTシャツだそうです。何が書いてあるのかわかっているのか、と尋ねたら、わかっていませんでした(汗)。彼曰く、「ヘンな意味じゃなくてよかった。」

ヨーロッパ旅行最後の夜は、チェコのプラハ。振り出しに戻ってきました。
今回の旅、最後の最後で、ビッグ・サプライズが待っていたんです!

さて、いったいどんなサプライズなのか???

旅行記:
[PR]
by nazdravie | 2007-08-20 00:50 | ヨーロッパ旅行記
f0008573_0441972.jpg

シティホテル・ブラティスラバのある部屋に掲げられていたプレートです。JAP SECURITYって、何なんでしょうね。まさか、日本人を保護してくれる部屋?それとも日本人から保護してくれる部屋?ウーン、何なんだろう。つい写真を撮ってしまいました。

でも、この写真、よーく見てみると、「JAP SECURITY」の後ろに小さく「s.r.o」と書かれています。これは確か「株式会社」の意味だったと思うので、警備会社か何かの会社の名前なんでしょうね、たぶん(笑)。

旅行記:
[PR]
by nazdravie | 2007-08-18 00:50 | ヨーロッパ旅行記

f0008573_0554657.jpg
ウィーンの観光名所、ステファン大聖堂の前でのひとコマ。どこの国の人たちかわかりませんが、B-BOYたちがブレイクダンスのパフォーマンスを繰り広げています。ベッカム似の人や、ナインティナインの岡村似の人、いろんなダンサーが交互に自慢のブレイクダンスを披露していました。大男たちが繰り広げるブレイクダンスは、迫力満点でした。

旅行記:
[PR]
by nazdravie | 2007-08-16 00:59 | ヨーロッパ旅行記
f0008573_0365232.jpg

ブダペストではちょっと奮発して、インターコンチネンタルのリバービューの部屋を取りました。今回この街を訪れた目的はただひとつ。くさり橋とブダ王宮の夜景をホテルの窓から楽しむこと。夜景ももちろん素晴らしかったですが、朝起きて窓の外に、朝焼けに映えるブダ王宮が見えるんですが、これが何ともいえない美しさ。このホテルにして、正解でした!

旅行記:
[PR]
by nazdravie | 2007-08-14 00:39 | ヨーロッパ旅行記
f0008573_23575829.jpg

タイトルをスティングっぽくしてみました(笑)。

初回でも少し書きましたが、チェコには主にスラブ圏の国々から多くの人たちが働きにきています。今回チェスケ・ブディエヨヴィツェからプラハまでの列車で、同じコンパートメントにいた男性(写真)もその一人。彼はクロアチアに帰省した帰りで、この列車にかれこれ20時間くらい揺られてきたそうです。さすがホテルマン、というだけあって、母国語のセルボ・クロアチア語のほか、英語、ドイツ語、チェコ語を操るマルチリンガル。こんなとき、ヨーロッパを感じちゃいます。車中、ストイコビッチやオシムの話で盛り上がりました(笑)。

旅行記:
[PR]
by nazdravie | 2007-08-13 00:02 | ヨーロッパ旅行記
f0008573_2452741.jpg

言うまでもありませんが、チェコのテレビ番組を見ても、何を話しているのかさっぱりわかりません。そんなわけで、流れている音楽とか、写っている風景とか、レポートしているお姉さんとか、そんなところに気がいってしまうわけですね。上の写真は、朝の情報番組。毎朝やっていたので、さながら「チェコ版 ズームイン朝」といったところか?

画面では、カーラ・ムラチュコバという金髪のお姉さんが、今日の天気を解説してくれています。この日のプラハは曇りのようですね。でも、カーラさんの天気予報を見るだけで、僕の心は快晴です(爆)。

旅行記:
[PR]
by nazdravie | 2007-08-11 02:49 | ヨーロッパ旅行記
f0008573_138628.jpg

ピルスナービールというのをご存知ですか?淡い琥珀色の下面発酵ビールのことを言うのですが、簡単にいえば、日本で流通しているほとんどの黄色いビールが、このピルスナーに属する、と考えてもらえれば、だいたいわかってもらえるのではないかと思います。このピルスナーという言葉はドイツ語で「ピルゼンの」という意味で、ピルゼンはチェコ語でプルゼニュ、つまり、ピルスナーの語源がまさにプルゼニュという街の名前なんです。

もし飲み屋で「ピルスナー・ウルケル」というビールを飲む機会があれば、そのラベルをよく眺めてみてください。上の写真にあるゲートが描かれているはずです。そう、僕はついにこの「ビールの聖地」、プルゼニュで、「ピルスナーの生まれ故郷」、ピルスナー・ウルケルの工場に足を踏み入れたんです!

旅行記:
[PR]
by nazdravie | 2007-08-10 01:47 | ヨーロッパ旅行記

f0008573_17481.jpg
チェコはビールよりも水のほうが高いという、ビール好きには何ともたまらない国なわけですが、そんなチェコで見つけたミネラルウォーター「エビアン」。太っちょの容器に入っていて、なかなかかわいらしいですよね?日本や韓国では、こんな形のペットボトルは見たことがないような……。飲み口も、ちょうどマラソン選手の給水用のように、くちびるで強く吸い込むか、ボトルのおなかを押すと水がピュッとでる感じで、なかなか便利です。

旅行記:
[PR]
by nazdravie | 2007-08-09 01:11 | ヨーロッパ旅行記