在韓駐在員の現地リポート


by nazdravie
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2007年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

蘇来浦口

f0008573_1554420.jpg

仁川(インチョン)にある、蘇来浦口(ソレポグ)という港です。ここには結構大きな魚市場があって、ここで買った新鮮な魚を、市場内の食堂で調理してもらって食べることができます。最近は大蝦(高麗エビという、クルマエビの一種だそうです)のシーズンということで、この大蝦を食べるのがこの日の目的。

f0008573_15542443.jpg

とにかく、狭い路地にところ狭しと並ぶ魚屋さんと、それを目当てにやってきた多くのお客で、市場はごった返していました。店員さんの威勢のいい掛け声や、クラクションを鳴らしながら通りすぎていくオートバイ……。活気があるというよりは、殺気じみたものを感じると言ったほうがしっくりくるくらい、とにかく人々のパワーが漲っていました。

f0008573_15551559.jpg

これが大蝦です。2キロ分買ったんですが、量が多くて食べきれないほどでした。いろんな味付けが楽しめるんですが、この日は塩をまぶしてアルミホイールの上で焼いて食べました。天然と養殖の2種類があるみたいで、値段にも少し差がありましたが、この日はせっかくなので天然のほうを。天然とはいっても、韓国産ではなく、アラブかどこかのほうからの輸入品だったと思います。

f0008573_15553244.jpg

その他、生牡蠣や小さいイカ(名前は忘れました)の刺身、それにカルグクスまで頼んで、海の幸を十二分に堪能しました。韓国のお刺身は、わさび醤油につけてそのまま食べるよりは、刺身、味噌、にんにくなどを、サンチュとゴマの葉で包んで食べるのが一般的。写真は、イカの刺身を食べるときの様子。これがまた美味しいんですよね~。

f0008573_15554731.jpg

港から帰るときに撮った夕焼けの写真です。港のすぐ近くでも、どんどん新しいアパート団地が建築中です。魚市場と高層アパート群……。このミスマッチも、韓国らしいといえば、韓国らしいのかもしれません(笑)。
[PR]
by nazdravie | 2007-10-28 15:57 | いろいろ

日光に何がある?

f0008573_21442397.jpg

先週末、2泊3日で日光まで行ってきました。目的はいろいろあったのですが、一番はやっぱりHC日光アイスバックスの瀬高哲雄選手のプレーを見ること。アニャンハルラでプレーしているときから親しくさせてもらっていたんですが、いつか新天地で活躍している姿を見てみたい、と前々から思っていたにもかかわらず、なかなか機会が見つかりませんでした。

そんなある日、やはり当時ソウルで知り合い、現在は群玉在住のタッキーさんから、日光にゲームを見に行こうとのお誘いが。ずっと行きたいな、と思っていたこともあって、即決で日光行きを決めてしまいました。カードは、せっかくだから、いつも応援しているハルラとの対戦に。そんなこんなで、久しぶりに関東の地を踏みました。

f0008573_21445946.jpg

日光は「自他共に認める、日本一のアイスホッケーの町」と、事前に聞いてはいましたが、実際に訪れてみると、そんな熱気が町のあちこちから伝わってきました。「日光にアイスホッケーチームがある」というのぼりがそこらじゅうに立てられていて、商店の窓などには、日光東照宮を背景にアイスバックスの選手がポーズを取るポスターが貼られています。それだけでなく、何とバックスが勝てばビールが割引、というお店までありました。

ゲームは2試合ともハルラが勝ったわけですが、印象的だったのはゲームの内容でもなく、リンクの素晴らしさでもなく、バックスファンの熱狂的な応援でした。実は、日本で初めてのアイスホッケー観戦だったんですが、最初にバックスファンの激励のヤジ(?)を耳にしたときは、正直ちょっと怖かったです^^;

f0008573_21452565.jpg

みんな思い思いにバックスのジャージやTシャツを着て、手にはチームカラーのオレンジと黒のメガホン。それにたくさんのフラッグ。まるでサッカーの試合を見ているかのような、そんな熱気がリンクに溢れていました。こんなファンを前にしてプレーするなんて、選手冥利につきるだろうなぁ、なんて、つい思ったり。

残念ながら瀬高選手のゴールを見ることはできませんでしたが、新しいチームで伸び伸びとプレーする姿を見て、ちょっとホッとしました。韓国でも評判だったフェイスオフは、日光でも健在でしたしね!

f0008573_21473332.jpg

次回は12月にハルラとのアウェー戦でアニャンにやって来ますが、そのときは、勝ち負けは別にして、瀬高選手のカッコいい「凱旋ゴール」を見てみたいものです♪(左が瀬高選手、右はハルラのマルティネツ選手)
[PR]
by nazdravie | 2007-10-23 21:48 | いろいろ

関西人 in Tokyo

f0008573_2214727.jpg

このあいだ、某動画サイトで「関西人 in Tokyo」という曲を紹介する番組を見つけました。種浦マサオという歌手が、スティングの「Englishman in New York」をカバーしたというこの歌。作られた動機、歌詞、彼のバックグラウンドなど、どれをとっても笑える、まさに「B級お笑い」の真骨頂!といった歌です。

と、書いてみましたが、実はこれが本題ではなく、あくまで「ふり」です(笑)。実は明日から2泊3日で「関西人 in Tokyo」になります♪ 東京は何年ぶりでしょうかねぇ。3年振りくらいかな?さらにその前となると、7~8年は遡るような……。ま、いずれにしても、明日の今頃は「関西人 in ……ん?……日光……!?」

そうでした、羽田空港から東武浅草までと、日曜日の新宿以外は、厳密に言えば「関西人 in 日光」でした(汗)。まぁ、ソウルにいれば、千葉の人も、埼玉の人も、群馬の人も、とりあえず「東京から来ました」って言ってるんで、誤差の範囲ということで(^^)

今回の「上京」、いや「訪日」目的は、アイスホッケー観戦。HC日光アイスバックスという栃木県のチームと、いつもこちらで応援しているアニャンハルラ(韓国)の2連戦。これまで韓国でしかアイスホッケーを見たことがなかったので、今回は初めての日本での観戦。「ホッケー界の浦和レッズ」ことアイスバックスの応援がどのようなものなのか、今から楽しみです。

ホッケー観戦が「表」の目的なら、「裏」の目的はもちろん、飲み(笑)。特に日曜日は、新宿にある某ビアパブに行こうと考えています。最初は「ふつうの居酒屋でいいや」と思ったんですが、店のホームページを見れば見るほど、だんだん行きたくなってきました!

えっ?ソウルでやってることとまったく同じだって?
まぁ、そこはあんまり突っ込まないということで☆
[PR]
by nazdravie | 2007-10-19 22:02 | いろいろ
去年、16連休という、信じられないような長期連休を満喫したわけですが、今年は何と、それを1日上回る17連休になる予定で、今から休みの予定を立てるのに大忙し、という、巷のサラリーマンが聞いたら石を投げてきそうな、贅沢な悩みを抱えている今日この頃です(笑)。

ただ、必ずしも休みが長ければよい、というわけでもないんです。学級閉鎖ってありましたよね?「今日は休みだ!」と喜んだのも束の間、友だちはみんな学校で勉強しているため、一緒に遊ぶ人がおらず、結局家でゴロゴロ……。今回の僕のケースは、まさにそんな感じです。

ところが先週末、偶然メッセンジャーで韓国人の友だちとオンラインで繋がったんです。彼女は東京で日本語を勉強している、という噂は聞いていたんですが、今はオーストラリアのメルボルンにいるとのこと。さっそくスカイプアウトでオーストラリアに電話し、あれこれ話すうちに、メルボルン行きを即決してしまいました。現地には以前会ったことのある、別の韓国人の友だちもいるようで、久しぶりの再開をメルボルンで果たすことになりそうです。

とりあえず、12月24日にシンガポール経由でメルボルン入りし、31日に関空に戻ってくる予定。今回の旅行で、ヨーロッパ、アメリカ、オセアニアへの無料航空券がGETできるマイルに到達するので、来年の予定もすでに頭の中でうごめき始めています。

その前に、年相応の人生設計をしろよ!と突っ込まれそうですが、そちらのほうも、それなりに最善を尽くして頑張ってまいる所存です(ホントかな?)。

とにもかくにも、生まれて初めて夏のクリスマスを迎えることになったわけですが、オーストラリアの人たちがどのようにクリスマスを過ごすのか、今から興味津々……。それにしても、今までオーストラリアは完全に僕の眼中になかったので、予備知識はゼロ。これから急ピッチで予習です!
[PR]
by nazdravie | 2007-10-16 21:58 | オセアニア旅行記

痛恨……!

f0008573_23314058.jpg

昨日の大勝で勢いに乗るハルラが連勝するのか、それとも気合を入れなおしたクレインズが連敗を阻止するのか?注目のハルラ―クレインズの第2戦が、アニャンアイスアリーナでおこなわれました。

先手を取ったのはクレインズ。まるで昨日のリプレイを見ているようでした。開始5分過ぎ、ハルラのDF#61 フチコ選手が後逸したボールをクレインズの選手が逆襲。それを阻もうとしたフチコ選手のスラッシング反則で得たペナルティショットを、FW#20 ミタニ選手が落ち着いて決め先制点。

ウーン、一度ならともかく、二度目となると、ちょっと困っちゃいますねぇ……。

その後は両チーム得点なく試合は進んでいきました。シュート数で言うと、ハルラがクレインズをかなり圧倒していましたが、それでも試合そのものは決してハルラペースというわけではありませんでした。クレインズの選手は試合開始から気合十分で、むしろ殺気すら感じさせるほどでした(笑)。

f0008573_233261.jpg

ゲームがこのまま終わるかと思われた終了間際、FW#55 コペツキー選手がゲーム・ミスコンダクトで痛恨の退場!この日はずっとクレインズDF#7 ディック選手の挑発を受け続けていたコペツキー選手ですが、遂に最後の最後でキレてしまったようです。これも若さゆえ、ディック選手の経験が上回ったということかもしれません。何となくセコいような気もしますが(^^;)、神経戦もゲームの一部。コペツキー選手、次のゲームでは冷静さを取り戻してがんばってもらいたいものです!

ゲームはその後、クレインズFW#71 桑原選手が「あっけない」追加点を決め2-0でクレインズが勝ちました。

それにしても、コペツキー選手の退場が決まったとき、反省猿よろしく頭を抱えてしまったヴェイヴォダ監督の映像がビジョンに映されたとき、監督のこの連戦にかける意気込みがどれほどであったか、あらため窺い知ることができました。

今日も十分勝てたゲーム。もちろん、それを簡単に勝たせないクレインズの巧さを忘れてはなりませんが、この2連戦はハルラにとってかなり自信になったのではないかと思います。次週からの日本遠征も、目が離せそうにありません。
[PR]
by nazdravie | 2007-10-14 23:38 | 韓国アイスホッケー事情

ハルラ快勝!

f0008573_10282694.jpg

昨日、ハルラとクレインズの試合を観に、アニャンアイスアリーナに行ってきました。プレシーズンマッチでは勝ったとはいえ、昨シーズンは一度も勝てなかったクレインズ戦。ここで先勝すれば、明日も勢いに乗れる、大事な試合です。

ゴール裏には、日本から来られたのでしょう、熱心なクレインズファンの方たちが鐘や太鼓を叩いて熱心な応援。その横ではハルラのファンが。ゴール裏の席が片方しかないので、両チーム並んで仲良く応援です(笑)。

第1ピリオド、先制したのはクレインズ。ハルラDF#61 フチコ選手のトラップミスでパックが流れたところをクレインズは逃さず、FW#18 伊藤雅選手が落ち着いて決めて1-0。フチコ選手、ゴールに入ったパックを、悔しそうにフェンスに打ち返します。

それでも、ここでズルズル行かないのが今年のハルラ。その3分後には、相手が2人欠けたパワープレイ、ゴール前の混戦でDF#19 シュテファンカ選手がゴール左からパックを押し込み同点!今季初出場初得点です。失点を引きずって相手に主導権を握られた昨季とは、明らかに違います!

f0008573_10293638.jpg

第1ピリオド半ばでは、FW#17 キム・ギュホン選手が追加点を挙げて2-1。なかなか上々の立ち上がりです。

第2ピリオドは、第1ピリオドからの続きで、ふたりがペナルティボックスに入った状態でスタート。1点は覚悟していましたが、GK#33 ソン・ホソン選手の相変わらずのナイスセーブの連続で、ピンチを凌ぎます。

第2ピリオドの10分で#17 飯村選手がゴールを決めて、クレインズが粘りを見せます。が、「取られたら取り返す」と言わんばかりに、その5分後にFW#89 キム・ハンソン選手が痛烈なシュートをゴールど真ん中に決めます。こんなにど真ん中に突き刺さるシュートは、あまり見た記憶がありません。

さらにその2分後、FW#43 マルティネツ選手がゴーリーの目の前で何度か切り替えしてパックをゴールに入れる、まさに「技あり」の追加点!普段は冷静なマルティネツ選手も、このときばかりは大きなガッツポーズでした!

第3ピリオドにもFW#81 キム・ホンイク選手とDF#5 キム・ウジェ選手が追加点を決め、結局6-2という、予想外の大差でハルラが快勝しました。

f0008573_10301351.jpg

それにしても、クレインズの守備はどうしたんでしょうかね。第2ピリオドなんて、どちらかというとクレインズのほうが押していたのに、パックをあっさり奪われて、キーパーと1対1でシュートを打たれるケースが何度もありました。僕のような素人が見ても「ザル」じゃないかと思うほど。6点取られたGK#61 石川選手でしたが、かなりの部分はディフェンス陣に責任があったような気がします。

もちろん、ハルラも数々のピンチがあったわけで、それを防ぎきったソン・ホソン選手がうわ手だったということかもしれませんが。まぁ、昨季のゴーリー、ファルタ選手と比べてみたとき、明らかに今年のハルラ躍進(の可能性)は、ソン選手抜きには語れません!

今日の試合も、期待できそうです☆

おまけ……
[PR]
by nazdravie | 2007-10-14 10:33 | 韓国アイスホッケー事情

Czech it out! その2

f0008573_22141014.jpg

前回、誰と行こうかと迷っていたところまで書いた、グランドインターコンチネンタル・ソウルの「Czech it out」プロモーション・イベント。平日の夜はみんな忙しいかな、と思い、結局こんなかわいいチェコの女の子を連れて行きました。

というのは半分冗談で、この子はチェコ人の友だちの娘さん。この日はチェコ人7人(うち2人は子ども)といっしょにチェコ料理を楽しむことになりました。韓国でチェコ料理を食べるのは、チェコで日本料理を食べるより難しいと思いますが、そんな母国の味にソウルで出会えるとあって、チェコ組は注文する前から少し興奮気味。やっぱり食べてナンボ、たかが食事、されど食事です!

f0008573_9393559.jpg

調理するのは、本場チェコはプラハのインターコンチネンタルからやって来た、一流料理人。ビュッフェ形式なので、いろいろな料理を自分なりに選んで食べられます。特に彼らが感動したのは、パン。チェコならではのパンというのがあるようで、本当にうれしそうにパンを食べていました。日本人で言えば、スロベニアでこしひかりを食べるようなもの?

この日は何と、チェコビールがどれだけ飲んでもタダという、ビール好きには信じられないようなスペシャル・サービスの日。この日はプロモーション3日目だったんですが、残念ながら一番人気のピルスナー・ウルケルは最初の2本で品切れ。後はチェコのバドワイザーや、ふだんはなかなかお目にかかることのない、ローカルビールなどを楽しみました。

f0008573_22154734.jpg

最後はデザートでしめたわけですが、途中でシェフが席にやってきて、チェコ語で楽しく歓談していました。もちろん、僕は何を言っているのか、チンプンカンプン。隣で訳してくれる人がいたので、少しだけその内容を知ることはできましたが(笑)。

チェコのシェフ曰く、韓国のホテルは、客室やホテルの規模に比べて、料理人の数がとても多いということ。同じ規模で考えても、チェコの数倍の料理人がホテルにいるとか。そういえば、デパートでも、免税店でも、韓国のお店って、店員さんが多いですよね~。

最後はシェフがチェコのパンをお土産にくれ、おまけに女の子ふたりには冒頭の帽子をプレゼント。ふたりとも大喜びで帽子をかぶって、レストランを行ったり来たり、写真をパシャパシャ撮っていました^^
[PR]
by nazdravie | 2007-10-11 22:26 | いろいろ
f0008573_23654.jpg

先週の土曜日、梨泰院(イテウォン)というところに行ってきました。ここは米軍基地が近いこともあり、昔からたくさんの外国人が通りを行き交うところでした。今でも、昼は日本人観光客がバッタ物のブランド品を買いに訪れ、夜は西洋人がカフェやバーにたむろする、異国情緒あふれるエリアです。そんな梨泰院で、先週末「梨泰院フェスティバル」という、多国籍祭りが開催されていました。

冒頭の写真は中国から来た雑技団の演技。ロープくぐりや、皿回しをはじめ、お馴染みの超人離れ業を次々と見せてくれました。上海雑技団の公演を、上海で見たことはありますが、こんなに近くでそんなパフォーマンスを見ると、そのすごさがよくわかります。はっきり言って、人間の成せる業ではありません!!!

f0008573_2363697.jpg

日本人や欧米人だけでなく、アラブ系の人たちが多く集まるのも、梨泰院の特徴のひとつです。韓国で最大のイスラム寺院(モスク)もここ梨泰院にあり、イラクで韓国人男性が斬首されたときや、アフガニスタンで宣教団体が集団で拉致されたときなども、多くの取材陣が訪れていました。

真ん中の写真はトルコの名物料理「ケバプ」です。梨泰院には、ケバプのお店がいくつかあり、トルコ人やパキスタン人などがお店をやっているケースが多いようです。その他、ナイジェリアなどアフリカ系の人たちも多く住んでいるからか、アフリカ料理のお店もポツポツとあります。もちろん、エスニックの定番、タイやインド料理は言うに及ばず、です♪

f0008573_237969.jpg

そんな「人種のるつぼ」のような街・梨泰院にピッタリなのが、やっぱりジャズバー!ここ「All that jazz」はソウルでも名の知れたお店で、かなりレベルの高いバンドが舞台に上がっています。このお店は、いずれ、しばらく更新のない「ソウルの夜を楽しもう!」シリーズに追加する予定です。ソルティドッグを片手にジャズを聴く……。まさに至福のひとときです。できることなら、プロコルハルムの「ソルティドッグ」を聴きながらソルティドッグを飲みたいところですが(・。・;)

ハミルトンホテルの裏通りに入ると、そこにはたくさんのユニークなカフェやパブが立ち並んでいて、どの店に入っても、それぞれのお店が持つ独特の雰囲気を楽しむことができます。イミテーションだけ買ってそのまま明洞に戻ってしまうには、あまりにももったいないところ―。梨泰院は、そんなところです。
[PR]
by nazdravie | 2007-10-08 23:10 | ソウルの街角で

Czech it out!

f0008573_22453053.jpg

昨日と今日の2日間、COEXという国際展示場で開催されていた学会に行ってきました。もちろん、僕が発表するわけはなく、展示ブースをグルッと回って、発表会場で居眠りをしていました(笑)。

この学会は、多くの発表が日英中韓の4ヶ国語の同時通訳でおこなわれたんですが、それにしても同時通訳をする人の頭の中は、いったいどのようになっているんでしょうね!韓国の方が日英、日韓の同時通訳をされていたんですが、日本語をそのまま日本語で同時に口伝えするのも難しいのに、2つの外国語を同時通訳するなんて、ほとんど神業としか思えません!

と、同時通訳のすごさを痛感しながら会場を後にしたわけですが、帰りに地下鉄駅に向かう途中、こんな広告を見つけました。

f0008573_22455961.jpg

「Czech it out」

グランドインターコンチネンタル・ソウルが、インターコンチネンタル・プラハとタイアップして、チェコ料理と音楽を楽しむイベントをおこなうというものなんですが、このキャッチコピーを考えた人、冴えまくってますね!好きです、こういう言葉の遊びって。

期間は10月8日(月)から14日(日)まで。ビュッフェが35,000ウォンで、セットが50,000ウォン。ちょっと高いけど、行ってみたいような……。でも、問題は誰と???
[PR]
by nazdravie | 2007-10-03 22:48 | いろいろ