在韓駐在員の現地リポート


by nazdravie
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

【ソウルの夜を楽しもう! #006】 グラン・アー(江南区駅三洞)

f0008573_22381432.jpg【ソウルの夜を楽しもう! #001】でノボテルアンバサダー禿山の「グラン・アー(Gran-A)」を紹介しましたが、今回は同じアコーホテルグループのノボテルアンバサダー江南のバーで、名前も同じ「グラン・アー」です。外観は禿山洞のノボテルと瓜二つですが、工業地区にあるノボテル禿山と違い、ここノボテル江南はソウルの新しいビジネスセンター・江南地区に位置しています。リッツカールトンと三井ホテルに挟まれており、宿泊客以外にも、ホテル内のナイトクラブやバーを訪れる地元の人たちも少なくありません。

ノボテル江南の「グラン・アー」は、1階ロビーの受付のすぐ横にあります。中に入ると、ノボテル禿山の「グラン・アー」と、これまた瓜二つのレイアウトになっています。客層は外国人、特に欧米の宿泊客をはじめ、地元のサラリーマンやOLも多く訪れます。お客さんも、やはり江南にあるだけあり、禿山に比べるとちょっと洗練されているような感じがします。

「グラン・アー」のウリは、何といってもバンドのライブですが、ノボテル江南はフィリピン人と南アフリカ人の混成バンドが毎日(日曜日は除く)公演をおこなっています(06年6月20日現在)。フィリピン人バンドはソウルでも珍しくありませんが、南アフリカ人というのは、ソウルに来て初めて見ました。また、多国籍バンドも、結構珍しいのではないかと思います。レパートリーは、やはりフィリピン人メンバーの影響が強いようで、おなじみのポップスのスタンダードナンバーが続きます。

f0008573_22372530.jpgさて、このノボテル江南ですが、以前はフロア席に座るとサイドディッシュを必ず注文しなければならなかったのですが(カウンター席は、飲むだけでもOK)、今回久しぶりに行ってみると、お酒だけの注文もOKでした。カクテルは、メニューに載っている種類はそれほど多くないのですが、バーテンダーにリクエストすれば、自分の好みのカクテルを作ってくれるので、一度尋ねてみるのもいいかもしれませんね。僕の場合、メニューにないソルティドッグを頼んでみたら、ちゃんと作ってくれました。

ノボテル禿山とのもうひとつの違いは、残念ながら飲み放題サービスがない、ということです。一時期特定の曜日に飲み放題があったと記憶しますが(但し、時間限定)、今回そのようなイベントを告知するようなものは見当たりませんでした。でも、ひょっとしたらまだやっているかもしれませんので、一度スタッフに尋ねてみてはいかがでしょうか?

個人的に、ソウルで「これはいい!」と思うことのひとつが、ホテルのバーが楽しいということ。ノボテルの「グラン・アー」は、その中でも特にお勧めのスポットです。4つ星の高級ホテルのわりには、どことなく庶民的な感じがして、それでいてフランス系のホテルらしく洗練された雰囲気のあるノボテル。「グラン・アー」も、そんなホテルの個性を十二分に感じさせてくれます。

住所: ソウル特別市江南区駅三洞608
電話: 02-531-6868
URL:http://www.ambatel.com/gangnam/japanese/dining/dining_grana.php 
アクセス: 地下鉄2号線「江南」駅7番出口から徒歩約10分。7番出口を出てそのまままっすぐ進むと、大きな道路(教保生命交差点)につきあたるので、そこを右に曲がり緩やかな坂を上っていく。右手のリッツカールトンを見ながらさらに直進すると、となりにノボテルアンバサダー江南がある。
[PR]
by nazdravie | 2006-06-21 22:39 | ソウルの夜を楽しもう!